近鉄大阪難波駅の構内にある“なにわ麺次郎”の行き方と入場券の購入方法を詳しく紹介

近鉄大阪難波駅の構内に、ミシュランガイドのビブグルマンを2年連続で獲得しているラーメン店があるのはご存知でしょうか。

大阪・中津「麦と麺助」や大阪・福島「燃えよ麺助」で人気の麺助グループからの初の独立店“なにわ麺次郎”というラーメン店です。

店主は、「燃えよ麺助」の店主である近藤 祐介氏の弟。

駅構内にあるので、「お店へ行くのに切符代がかかる?」と思われるかもしれませんが、近鉄電車に乗らない人でもお店に行くことができ、正しい手順で入場すれば切符代も返ってきます。

これから“なにわ麺次郎”へ行こうとしている方、行ってみたいと思っている方必見‼

  • なにわ麺次郎への行き方
  • 入場券の購入方法
  • サービス券の返金方法

を詳しく紹介致します。

なにわ麺次郎のメニューを知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

なにわ麺次郎への行き方

なにわ麺次郎は、近鉄大阪難波駅構内B2の西改札口を入ってすぐにあります。とりあえずなんばウォークの「ブックファースト」を目指しましょう。

ブックファースト前のエスカレーター

ブックファーストの目の前にあるエスカレーターを降りて行くと、近鉄大阪難波駅構内B2の西改札口に辿り着きます。なんばウォーク内に「ごちぶらナンバ」に看板があるので、それを目印にすると西改札口まで簡単に辿り着けるかな

改札入ってすぐにある“なにわ麺次郎”

入場券の購入方法

サービス券付き入場料が購入できる専用券売機

なにわ麺次郎へ行くには、改札の中へ入る必要があるので、近鉄電車には乗らないけど、ラーメンだけ食べに行きたいという方は、専用の券売機で「Time Place サービス券付き」入場料(160円)を購入してください。

専用券売機は現金しか使えないので注意してください。

絶対に、ICOCAやSUICAのような交通系ICで入場しないようにしてください。交通系ICで入場すると、入場料160円が返ってきません。

なにわ麵次郎へ行ったあと、そのまま南海電車に乗車する予定の方は、入場券を購入せずにそのまま普通に改札を通ってください。

券売機からは、入場券サービス券の2枚出てくるので、ちゃんと2枚あるか確認しておきましょう。

入場券とサービス券

入場券を使って改札を通り、サービス券はお店で注文するときまで持っておいてください。

※入場券の有効時間は2時間なので、2時間以上居る場合はもう一度入場券を購入する必要があります。

サービス券の返金方法

サービス券をお店にもっていくと160円返金してもらえる仕組みです。

なにわ麺次郎では、食券購入時に店員さんから「サービス券を持っていますか?」と聞かれました。

サービス券を渡すと、その場で現金160円を返金してもらえました。

まとめ

なにわ麺次郎へ行くには、近鉄大阪難波駅の改札を通る必要があります。

近鉄電車に乗らない人でもお店に行くことができ、正しい手順で入場すれば入場券代も返ってきます。(入場券の有効時間は2時間)

駅構内にあるので、他の麵助グループより並ぶ時間が少ないわけではありませんが、

  • 建物内なので、天候に左右されず快適に並ぶことができる
  • 麺助グループでかつお系のラーメンが食べれるのはココ、“なにわ麺次郎”だけ

入場券を買う手間よりもメリットの方が大きいです。

私が行った日は雨でしたが、建物内なので長時間並んでいてもあまり苦になりませんでした。

個人的には、人類みな麺類グループのラーメン大戦争よりも、なにわ麺次郎の方が好みの味でした。

なにわ麺次郎の人気メニューや並ぶ時間は別記事で詳しく紹介しています。

参考にしたサイト一覧

この記事を作成するのに、参考にさせていただいたサイト一覧はこちら。